【ハワイ婚・準備編④】タキシードの選び方!レンタル?オーダー?(後編)

ハワイ婚

こんにちは。やちのあです。

新郎の衣装(タキシード)選びについて、前編でレンタルとオーダーメイドのメリットデメリットを紹介しましたが、後編では私が実際にオーダーした時の体験談を紹介します!

前編はコチラ↓

私がオーダーメイドを選んだ理由

前編でメリットデメリットを書いたように、レンタル・オーダーそれぞれの良さがあり非常に悩みました。

その中でオーダーメイドを選んだ理由はこちらです!

白のタキシードが似合わない笑

タカミに行って試着をした際、白のタキシードを最初に来てみましたが、何となくしっくりこない。
普段白いジャケットなんて着ないからかもしれませんが、正直あんまり似合ってないなと思いました。

この時点で白は選択肢からなくなったので、「ほかの色で」と思ったのですが、白以外のレンタルのタキシードのラインナップが微妙でした。

他の人が注文したタキシードを少し見せてもらうと、かっこよく「オーダーがいいな~」と気持ちが傾いていきます。

ラインがきれいに見える

オーダーメイドは細かいところまで採寸して作成するので、写真で撮られたときにスタイルが良く見えます。

まあ誰も新郎なんて注目していないかもしれませんが、せっかくきれいな花嫁の横に立つのですから、少しは良く見せたいななんて思っていました笑

挙式後も使える

この理由が一番大きいかもしれません。

ハワイ挙式が終わった後に、国内で1.5次会を開くことが決まっていたので、オーダーをしておけば、1.5次会でも着られます。

また、それも終わった後は、襟を外してスーツにリメイクもしてもらえるということで、1着オシャレなスーツを手に入れられると考えました。

実際に、友達の結婚式に来て行ったり、ちょっとおしゃれなレストランに来て行ったりと、今では大活躍しています!

タキシード完成までの流れ

オーダーにすると決まったら、生地選び→採寸→フィッティングと進んでいきます。

生地選び(挙式5か月前)

これがまためちゃくちゃ悩みます!!
なんせ生地の種類がとても多いのと、小さいサンプルを見て決めなければならないので、完成形をイメージしにくいです。

こんな感じの生地のサンプルから選んでいきます。

もちろん選ぶ生地によって、価格が変わってきます。
シンプルな生地は安めで、複雑な模様やストレッチ機能が付いていると高くなってきます。

私の時は、ドレスシャツが無料で付いてくるというキャンペーンが行われていたので、その対象の生地から選びました。

また、タキシード本体の生地を選んだあとは、襟の生地と包みボタンの生地も選びます。
全体の色合いなどを考えなければならないので、センスが問われます。
(私は全然わかりませんでした笑)

採寸(挙式4か月前)

生地選びが終わったら、次は採寸です。

股下や腕の長さなど、細かく採寸します。
私は挙式の約4か月前に行いました。

フィッティング(挙式1か月前)

タキシードが出来上がってくるまでは2か月以上必要とのことでした。

挙式の約1か月前に出来上がってくるので、それを実際に試着します。
ここでようやく自分の選んだ生地がタキシードの形になったのを見れるので、結構感動します!
と同時にこれを見るまでは結構不安でした(色見とか微妙だったらどうしよう…なんて)。

しかし、実際に来てみると、細かく採寸しているだけあって、体にめちゃくちゃフィットし、鏡で見る自分がかっこよく見える気がしてめちゃめちゃテンション上がってきました!

特に補正は必要なかったので、これで完成です!

実際にいくらかかった?

タキシードと小物で実際にかかった費用はこちらです!

タキシード 販売(オーダー) \249,480  
  -\21,600 基本プランに含まれているので相殺 
拝絹着脱料  \16,200  
蝶ネクタイ 販売 \0 フェア特典 
チーフ 販売 \0 フェア特典 
ドレスシャツ 販売 \0 フェア特典 
合計  \244,080  

靴・ベルトは自分で用意しました。

もともとの基本プランに、タキシード代として\21,600が含まれていたので、その分相殺しています。
(そもそも追加料金なしの\21,600で選べるタキシードはないと思いますが…)

新郎の衣装に25万円をかけるというのは、「高すぎる」という意見もあるかもしれません。
私自身も「こんなにお金をかけていいものか」と悩みました。
ただ、今後もずっと使えるいいスーツが手に入ると考えれば、めちゃくちゃ高いというわけでもないと思います。

ベストは不要?

こんなに高くなってしまったこともあり、ベストは作成しませんでした。
同じ生地でベストを作ると追加で\41,040必要でした。

ただ、ベストを作らないと決めたあと、いろんな方の写真を見ると「みんなベストを着ている!!」と思い、「作ったほうがよかったのかな~…」と少し後悔していました。

しかし、実際ロケーション撮影をしてみると、全然無くてよかったです!
特にビーチではさわやかっぽくなりますし、挙式中やサンセット撮影ではジャケットを着てしまうので、そんなにわかりません。

3ピースで作るに越したことはないとは思いますが、予算を削るのであれば、ベストを作らないというのも一つの手だと思います。

今ではとても愛着のわくスーツが手に入ってとてもよかったです。
タキシード選びで悩んでいる方の参考になれば幸いです!

それではまた~!

コメント